らぎめも

らぎらぎのノート

ユーザ用ツール

サイト用ツール


wordpress:sync_remote_local

WordPressのリモートとローカルの同期

WordPress開発環境を本番と同期する方法、まとめ。
http://www-creators.com/archives/494

前準備

  • WordPressの Migrate DBプラグイン をインストール
  • SiteGuardプラグインを使っている場合は、ログインページ変更をOFFにしておいたほうが無難(ログインページのURLがわからなくなる。.htaccessを見ればわかるが)。

データベースのエクスポート

ツール→Migrate DB

FindReplaceに、
 //site.url.jp/wordpress → //localhost/wordpress
 //home/web/wordpress → C:\xampp\htdocs\wordpress

Save Migration Profileにチェックを付け、Create New Profileでプロフィール名を記入しておけば、上記の設定が保存される。

Export&Saveを押す。  エクスポートが終わると.gzのファイルをダウンロードするように促されるので、保存する。

LFTPで転送する

lftp -e "set ftp:ssl-allow false; mirror --delete --verbose --parallel=3 /wordpress /cygdrive/c/xampp/htdocs/wordpress; bye" ftp.server.jp
  • 速度を稼ぐためにFTPSではなくFTPを指定(set ftp:ssl-allow false)
  • リモートの /wordpress フォルダを、XAMPPの htdocs/wordpress フォルダに同期
  • リモートにないファイルはローカルから削除(–delete)
  • 並列ダウンロード指定(–parallel=3)

ダウンロードしたデータベースファイルのインポート

  1. XAMPPのMySQLのAdminボタンを押す。
  2. phpMyAdminにログインする(ユーザー名とパスワードはXAMPPインストール時に指定したもの)。
  3. データベースを選択(あるいは新規作成する)。
  4. 「インポート」を選択。
  5. アップロードファイルにさきほどダウンロードしたファイルを指定し、「実行」

wp-config.php を編集

htdocs/wordpress にある wp-config.php を編集する。

// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'name_of_database');
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'username');
/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password');
/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');
/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースの文字セット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');
...
/**
* WordPress データベーステーブルの接頭辞
*
* それぞれにユニーク (一意) な接頭辞を与えることで一つのデータベースに複数の WordPress を
* インストールすることができます。半角英数字と下線のみを使用してください。
*/
$table_prefix  = 'wp_prefex_';

.htaccessを書き換える

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /wordpress/
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /wordpress/index.php [L]
</IfModule>

RewriteBaseと最後のRewriteRuleの変更が必要。

ブラウザで localhost/wordpress/wp-login.php にアクセスする

キャッシュプラグインを導入している場合には、再作成が必要な場合がある

続き

ローカルでの記事編集が終わったら、ローカルのMigrate DBでデータベースのエクスポート、リモートでのインポートを行う。
画像とかアップロードした場合はそのフォルダもFTPする。
(詳述予定)。

wordpress/sync_remote_local.txt · 最終更新: 2019/08/19 by 管理者

ページ用ツール