らぎめも

らぎらぎのノート

ユーザ用ツール

サイト用ツール


windows:lftp

lftpをWindows 10で使う

rsync が Windows 10 で無事動いた ので、気を良くして lftp もチャレンジしてみた。

ロリポップはライトプランで契約しているのでSSHが使えない。だが、FTPSは可能なので、Lftpを使ってFTPSでmirrorさせてみたい。

lftp
http://lftp.yar.ru/

参考サイト
 【lftp】FTPサーバに接続してファイルを転送する
 lftpで行う手軽なバックアップ
 lftp + sftp(ssh) でファイルの同期をとる
 CLIマジック:lftpで行う手軽なバックアップ

lftp for Windowsのダウンロード

lftpはWindowsをサポートしていないが、cygwinのDLLを使ったWindows版がある。
LFTP for Windows
https://nwgat.ninja/lftp-for-windows/

chocolateyでも同じものが見つかる(現時点で4.8.0)。
https://chocolatey.org/packages/lftp

chocolatey用のインストールパッケージはこちら。
 32bit - https://f001.backblazeb2.com/file/nwgat-cdn/lftp/win32/lftp-4.8.0.win32-openssl.zip
 64bit - https://f001.backblazeb2.com/file/nwgat-cdn/lftp/win64/lftp-4.8.0.win64-openssl.zip

rsyncをWindow 10で使う」でcygwinの32bit版DLLを%PATH%にインストールした。そこにlftpの64bit版をインストールすると、cygwinの64bit版DLLとのコンフリクトが起きてしまう。だから、lftpも32bit版をインストールする。chocoを使う場合には、

choco install --x86 lftp

自分でインストールする場合には、上記の32bit版ZIPファイルをダウンロードして解凍する。

2019/07/17  00:00    <DIR>          bin
2019/07/17  00:00    <DIR>          etc
2017/07/15  03:42            35,819 GPL.txt
2017/07/15  03:42               122 nwgat.ninja.url

binフォルダの中身は

2017/07/15  03:42           795,677 bash.exe
2017/07/15  03:42            12,829 cygcom_err-2.dll
2017/07/15  03:42         2,058,269 cygcrypto-1.0.0.dll
2017/07/15  03:42           110,109 cyggcc_s-1.dll
2017/07/15  03:42           285,213 cyggssapi_krb5-2.dll
2017/07/15  03:42         1,034,269 cygiconv-2.dll
2017/07/15  03:42            42,525 cygintl-8.dll
2017/07/15  03:42           193,565 cygk5crypto-3.dll
2017/07/15  03:42           762,397 cygkrb5-3.dll
2017/07/15  03:42            39,965 cygkrb5support-0.dll
2017/07/15  03:42           313,373 cygncursesw-10.dll
2017/07/15  03:42           227,357 cygreadline7.dll
2017/07/15  03:42           432,669 cygssl-1.0.0.dll
2017/07/15  03:42            12,829 cygssp-0.dll
2017/07/15  03:42         1,473,053 cygstdc++-6.dll
2017/07/15  03:42         3,454,230 cygwin1.dll
2017/07/15  03:42            84,519 cygz.dll
2017/07/15  03:42         1,357,312 lftp.exe
2015/06/23  14:51           676,903 sh.exe
2017/07/15  03:42           727,581 ssh.exe
              20 個のファイル          14,094,644 バイト

binフォルダの内容をPATHの通ったフォルダにコピーしておく。

lftpの実行とエラーへの対処

SFTP転送にチャレンジ

せっかくなので、SFTP転送にもチャレンジしてみたい。もちろん、ライトプランのロリポップではなく、別のサーバーを相手にしてのチャレンジだ。

.sshフォルダの準備鍵の生成と転送を行って、SFTPのためのSSHの準備をした。

lftp sftp://ftp.server.name

lftp中でlsコマンドを実行してみたら、エラーになってしまった。
`ls' at 0 [execl(/bin/sh) failed: No such file or directory]

デバッグモードで実行してみると、こんな出力行があった。
—- Running connect program (ssh -a -x -s -l user sftp.server.name sftp)

直接 ssh -a -x -s -l user sftp.server.name sftp) を実行してみた。 パスワード入力のあとで、
Permission denied, please try again.
と出力された。sshをつかって、リモートでsftpを起動させているが、パーミッションが許可されていないようだ(ちなみに、このサーバーはさくらのスタンダードプラン)。

では、SSHログインに使っているユーザー名を指定してみた。

lftp -u user,password sftp://sftp.server.name

残念ながら変化なし。

SFTP転送は諦めざるを得なかった(仕様的にはできるはずなんだけど)。
SFTPが使える環境ではrsyncを使えばいいので、ここは諦めることにした。

FTPS転送

lftp ftps://ftps.server.name

lftpのプロンプトでlsを実行してみると、
`ls' at 0 [Connecting…]
と表示して固まってしまった。

デバッグモードで実行してみると、
—- Connecting to ftps.server.name (XX.XX.XX.XX) port 990
port 990 (FTPSのImplicitモード)に接続しようとしてタイムアウトしていることがわかった。

lftpは、プロトコルにFTPSを指定されると、Implicitモードでポート990に接続しようとする。ところが、サーバー側は(さくらもロリポップも)FTPSはExplicit(明示的)モード専用だったので、接続できない、というわけだ。

lftp -e "set ftp:ssl-force true;" ftp.server.name

プロトコル指定なしだとデフォルトのFTPになるが、サーバーがFTPSに対応していればExplicit(明示的)モードでFTPSが使われる。ssl-forceをtrueに設定しておくと、サーバーがFTPSに対応していない場合には(パスワードの送信を拒否するため)エラーとなる。

lftpのプロンプトでlsを実行してみると、
`ls' at 0 [530 Login incorrect.]

アノニマス・ユーザーでは当然だめということか。FTPのユーザー名とパスワードを指定する。

lftp -e "set ftp:ssl-force true;" -u user,password ftp.server.name

再び ls を実行すると。
ls: Fatal error: Certificate verification: unable to get local issuer certificate (XX:XX…
というエラーが発生した。

lftp to webin freezes at `ls' at 0 [Logging in...] #1
こちらによれば、SSLで接続している時に、証明書のサイト名とアドレスが合わないなどの場合にこのエラーになる。対策としては、 set ssl:verify-certificate no の指定を行って証明書のチェックを省く。

lftp -e "set ftp:ssl-force true; set ssl:verify-certificate no" -u user,password ftp.server.name
FTPのほうがFTPSよりオーバーヘッドが少なく、転送が短時間で終わるので、敢えてFTPプロトコルで転送したい場合もありそうだ。そんな場合は、set ftp:ssl-allow offを指定すれば良い。

フォルダの同期やバックアップ

フォルダの同期やバックアップに使うのは mirror コマンドだ。

mirror [OPTS] [source [target]]

ダウンロードは

mirror remote local

アップロードは

mirror -R local remote

オプション

省略表記フル表記意味
-e–deleteリモートに存在しないファイルを削除する
-n–only-newer新しいファイルのみダウンロードする
-v–verbose[=level]冗長な出力を行う
-x RX–exclude RX操作対象外のファイルを正規表現で指定する
-X GP–exclude-glob GP操作対象外のファイルをグロブパターン(*.htmlなど)で指定する
-R–reverse逆の同期(ファイルをアップロードする)
-P–parallel[=N]N 個のファイルを並行してダウンロードする
–script=FILE実行されるコマンドを FILE に書き込むが、実際には実行しない
–just-print, –dry-run–script=-と同じ
mirror --delete --only-newer --verbose --parallel=2 source target
mirror -env -P 2 source target

Lftp Mirror Command Exclude Matching Files [ Regex ]

実行例

lftp -e "set ftp:ssl-force true; set ssl:verify-certificate no; mirror -env -x data/cache /wiki /cygdrive/d/xampp/htdocs/wiki; bye" -u username,password ftps.server.lolipop.jp

ロリポップのFTPサーバー(SFTPではない)に接続し、リモートの/wikiフォルダを、ローカルのD:\xampp\htdocs/wikiフォルダにコピーするが、キャッシュフォルダ(data/cache)は除外する。また、リモートにないファイルはローカルから削除し(-e)、新しいファイルだけダウンロードする(-n)。

ローカルフォルダについてはC:\folderではなく、/cygdrive/c/folderというcygwinスタイルのフォルダ指定を行う必要がある。
LFTPは -parallel オプションを使って並列で転送できるところがナイス。rsyncにはこういう技はできないみたいで、GNU parallelを使う とか スクリプトを書く などの手間がいる。

TIPS

起動オプション

lftpの起動オプション。

オプション意味
-dデバッグモードをONにする。
-e commandscommandsを実行する(終了しない)。
-u user[,pass]ユーザー名とパスワードを指定する。
–norcホームディレクトリのrcファイルを実行しない。
–rcfile file指定のrcファイルを実行する。
-f script_fileスクリプトファイルを実行して終了する。
-c commandscommandsを実行して終了する。

パスワードをコマンドラインに記述するのは避けた方が良いので、~/.netrc を活用すべき。

コマンド一覧

lftp :~> help
!<shell-command>                     (commands)
alias [<name> [<value>]]             attach [PID]                         bookmark [SUBCMD]
cache [SUBCMD]                       cat [-b] <files>                     cd <rdir>
chmod [OPTS] mode file...            close [-a]
[re]cls [opts] [path/][pattern]      debug [OPTS] [<level>|off]           du [options] <dirs>
edit [OPTS] <file>                   exit [<code>|bg]
get [OPTS] <rfile> [-o <lfile>]      glob [OPTS] <cmd> <args>             help [<cmd>]
history -w file|-r file|-c|-l [cnt]  jobs [-v] [<job_no...>]              kill all|<job_no>
lcd <ldir>                           lftp [OPTS] <site>
ln [-s] <file1> <file2>              ls [<args>]                          mget [OPTS] <files>
mirror [OPTS] [remote [local]]       mkdir [OPTS] <dirs>                  module name [args]
more <files>                         mput [OPTS] <files>                  mrm <files>
mv <file1> <file2>                   mmv [OPTS] <files> <target-dir>      [re]nlist [<args>]
open [OPTS] <site>                   pget [OPTS] <rfile> [-o <lfile>]
put [OPTS] <lfile> [-o <rfile>]      pwd [-p]                             queue [OPTS] [<cmd>]
quote <cmd>                          repeat [OPTS] [delay] [command]      rm [-r] [-f] <files>
rmdir [-f] <dirs>                    scache [<session_no>]
set [OPT] [<var> [<val>]]            site <site-cmd>                      source <file>
torrent [OPTS] <file|URL>...         user <user|URL> [<pass>]             wait [<jobno>]
zcat <files>                         zmore <files>

.lftprc

setコマンド類は、~/.lftprc(C:\home\ユーザー名\.lftprc)に記述しておけば、LFTPの起動時に読み込まれて実行される。

環境変数

%SHELL%にcygwinのsh.exeのパスを指定しておくと、!command が使えるようになる(さもないと、execlp(/bin/sh) failed: No such file or directory というエラーになる)。

windows/lftp.txt · 最終更新: 2019/08/10 by 管理者

ページ用ツール